車両価格や維持費の安さから、軽自動車の人気は高い。国内で販売される乗用車の3分の1を占める(編集部撮影)

「時代の流れで言えば電動化なのだと思う。ただ、製造業としてモノをつくるには、さまざまなステップを踏んでやっていく必要がある」。国による「脱ガソリン車」目標設定の動きを全国紙が大々的に報じ始めた2020年12月中旬、スズキの鈴木俊宏社長は記者にそう語った。

「100%電動車」に業界揺れる

政府は2020年末、菅義偉首相が所信表明演説で宣言した「2050年のカーボンニュートラル(温暖化ガス排出実質ゼロ)実現」に向けた実行計画を発表。その大きな目玉として、「2035年までに乗用車の新車販売で電動車100%を実現する」との目標を盛り込んだ。

ここで言う電動車には、走行中に有害な排出物を出さないゼロエミッション車(電気自動車、燃料電池車)のほか、当面の現実解として、エンジンと電気駆動モーターを組み合わせたハイブリッド車(HV)も含まれる。