(bee/PIXTA)

自動車より電子部品

株式市場では「脱炭素」が相場の一大テーマとなっている。ESG(環境・社会・企業統治)投資の観点からも注目度が高まっている。ここではEV(電気自動車)、水素、再生可能エネルギー(再エネ)の3グループに分けて、注目銘柄を集めてみた。

チャートの形がよいものを厳選したが、それでも主力銘柄がほぼ網羅されており、このテーマへの期待の大きさがうかがえる。

【表の見方】『会社四季報』『会社四季報プロ500』(ともに小社刊)などを参考に、各分野での取り組みがある、または進出計画がある企業のうち、直近でチャートの形がよいものを中心に厳選した。増益率は今期予想営業利益の前期実績比で、「─」は今期もしくは前期が営業赤字。株価、時価総額、今期予想PER、PBRは1月18日時点。社名のHDはホールディングスの略。▲はマイナス

EV|注目30銘柄(証券コード順)