長野市は東京都心部から約200キロメートル圏内の中核市で、長野県北部、千曲(ちくま)川やその支流である犀川などが流れる長野盆地(善光寺平)にある。この街は、642年に飯田市から移設された善光寺の門前町、そして北国街道の宿場町として栄えてきた。

長野県は北信、東信、中信、南信という4つの地域から成り、北信に当たる地域の中心都市が長野市だ。東信は上田市、中信は松本市、南信は飯田市などを中心とするが、長野市は人口が県内最多の約37万4000人。交通利便性も高く、北陸新幹線に乗れば、東京駅から長野駅は1時間30分程度、長野駅から富山駅は1時間、金沢駅までは1時間20分ほどだ。

23年前の1998年2月、この街で20世紀最後の冬季オリンピック・パラリンピックが開催され、16日間で72カ国が参加した。五輪開催都市の悩みの種となるのが、整備された競技会場の維持だが、長野市もこの問題に直面する。