おのだ・さとし 1955年生まれ。慶応大学大学院修了。80年中部電力入社。中部電力副社長・発電カンパニー社長などを経て2019年4月から現職。(撮影:梅谷秀司)

東京電力グループと中部電力の合弁会社で、両社の燃料・火力発電事業を担うJERA(ジェラ)は、国内最大の発電会社。二酸化炭素(CO2)排出量は、日本全体の10%以上を占める。同社は2020年10月に、50年時点で国内外の事業から排出されるCO2の実質ゼロを目指すと発表。火力発電企業として世界で初めてアンモニア燃焼の方針を打ち出した。

──実質ゼロ達成のための戦略は。

再生可能エネルギーと「ゼロエミッション火力」の相互補完によって実現させたい。火力発電については、よりグリーンな燃料の導入を進め、発電時にCO2を排出しない火力発電を目指していく。

──具体的な道筋は。

CO2排出量の多い石炭火力発電については、蒸気温度や蒸気圧力が相対的に低く、発電の面で非効率なタイプの発電所を30年までにすべて停廃止する。それ以外の石炭火力発電所においては、燃焼時に発生するCO2を減らすため、水素を含む化合物であるアンモニアを石炭と一緒に燃やす。