なかぞら・まな 1991年慶応義塾大学経済学部卒業、野村総合研究所に入社。97年野村アセットマネジメントでクレジットアナリストに。社債や国債を分析。モルガン・スタンレー証券、JPモルガン証券を経て、2008年10月からBNPパリバ証券クレジット調査部長。11年から現職。(撮影:尾形文繁)

ちぐはぐなGo To Eatや断続的な時短要請によって、飲食業を中心とする経営者が苦労を強いられている。帝国データバンクの調査によれば、2020年の居酒屋経営業者の倒産数は189と過去最多に上った。新型コロナウイルスの影響による破綻の件数は1月18日現在で900件を超え、負債総額は3619億円だ。

ところが、これだけのデフォルト件数があっても、流動性相場の中、大勢に影響なしで、金融市場は相変わらず強い。日本のみならず、世界中のクレジット市場でスプレッド(信用リスクの差による利回り)がタイトに(小さく)なっているだけでなく、デフォルト率の抑制に成功している。日本のデフォルト率は1.0%強にとどまっている。