(mits/PIXTA)

「当時の人気と今の人気は違う」。これはアイドルやタレントの話ではなく、就職人気企業のことである。就活生はどうしてもその時点で華やかで将来性がありそうな企業・業界を選びがち。だが、5年後や10年後も花形、とは限らない。

今から10年前に入社した2011年卒生の就職ブランドランキングの1位はフジテレビジョンだ。まだテレビ業界が輝いていた時代だが、その後、スマホ等の普及による若年層のテレビ離れもあって、成長が鈍化。21年卒のランキングでは、何と100位以内にも入っていない。