S・ジョブズ氏も夢中になってイノベーションを起こした(共同通信)

コロナ禍前から指摘されてきたのが2010年代から深層学習(ディープラーニング)で急激に進化したAIだ。

13年に英オックスフォード大学のマイケル・A・オズボーン准教授らが論文「雇用の未来」で「労働人口の47%が機械に置き換えられる」と予測して久しい。16年には経済産業省がAI等で「30年度に735万人の雇用減」と発表。大いに不安があおられたが、同時に、AIでは駆逐されない業種を浮かび上がらせてもいる。

長期的に有望なのは大きく2つ。1つはAIやロボット、IoT等を自ら利用する仕事、もう1つは人間にしかできない仕事だ。