ビットコイン相場は昨年12月から急騰し、年明け早々に400万円を突破して最高値を更新した(撮影:今井康一)

昨年12月から急上昇したビットコイン相場は、年明けに一時400万円を突破し過去最高値をつけた。前回の記事で300万円突破に言及したばかりで、かつてなく劇的な値動きを見せている。相場は水物であるため注意は必要だが、機関投資家も参入し始めており、暗号資産への注目度は高まるばかりだ。

今年前半には米暗号資産取引所最大手のコインベースが上場を計画している。主要な米取引所として初の上場となる。100カ国以上で利用されており、すでに日本法人も設立されている。上場に踏み切るのは、取引手数料などで安定的に金融収益を稼げるようになったことが大きい。上場で調達した資金を活用し、暗号資産取引のエコシステム拡大を目指す。

取引所は需要と供給を引き合わせる役割を担うので、規模の経済が働く。規模が大きいほど流動性が高まり、ビッド(買値)とオファー(売値)の差が縮まる。つまり投資家が効率的に売買できるため、規模が大きければ取引所として独り勝ちできる。

ビットコインの流通時価総額は約73兆円とみられ、日本円の現金流通総額である110兆円(米ドルは150兆円)に近づきつつある。ビットコインのほうが強い力を持つ日が来るかもしれない。

暗号資産はその名のとおり、暗号を使うブロックチェーンの技術で成り立っている。ビットコインの台頭とともに、裏側のブロックチェーンにも注目が集まった。