コロナ禍の影響を大きく受けた業界の1つが航空業界だ。

韓国では政府主導で、業界首位の大韓航空が2位のアシアナ航空を買収するニュースが昨年11月に報じられた。日本でも日本航空(JAL)とANAホールディングスの統合論が出ている。

日本の大手航空会社は1社で十分という意見、健全な競争には2社が必要という意見、それぞれ一理ある。ただ、筆者が気になるのは、統合論者の一部に“JALいじめ”の気配が感じられることだ。