こじま・けいじ 1982年京都大学大学院(理学研究科)修了後、日立製作所入社。2008年中央研究所長、11年日立研究所長、12年常務、16年専務、18年4月から現職。(撮影:尾形文繁)

車載や家電などライフ部門のトップに聞いた。

──ホンダ系3社と統合して車載事業を強化します。

自動車はEVや自動運転などで今後大きく変わり、グリーン(脱炭素)とデジタルの重要なタッチポイントになる。車はソフトウェアがたくさん入った情報システムになり、集まったデータで、さまざまなことができる。とくに商用車でチャンスが大きい。米アマゾンから「車を造ってほしい」という要望も出てくるだろう。そのときわれわれはシステムを提供可能だ。それに誰かが筐体やシートをくっつけるという世界に変わる。まさにコンピューターと同じだ。

──自動車は設備投資がかかる産業です。