中国の通信機器最大手の華為技術(ファーウェイ)は2020年12月21日、独自開発した車載用スマートディスプレーを発表した。

同社にとって、個人の自動車オーナーに向けた初めての製品だ。車両の前後に取り付ける2台のカメラと、8.9インチの液晶ディスプレー型の本体で構成され、近距離無線通信のブルートゥースでスマートフォンと接続することにより、カーナビゲーション、ドライブレコーダー、カーオーディオ、ビデオ通話などさまざまな機能が利用できる。

また今回の発表会では、若者向けのスマートテレビの新製品「Sシリーズ」も公開した。さらに、近くスマートビデオカメラ、スマートウォッチ、ワイヤレスマイクなどの新製品を続々投入すると宣言した。

同社の内情に詳しい関係者によれば、スマートフォンが主力であるコンシューマー事業は米政府の制裁強化で深刻な打撃を受けている。そこで、スマホ以外の新分野に積極参入し、生き残りを懸けた巻き返しを目指しているという。

とはいえ現実は甘くない。ファーウェイは19年に初のスマートテレビを発売し、「20年の販売台数1000万台、3年後の中国市場シェア20%」という目標を掲げていた。

しかし20年1~6月のスマートテレビ販売数は合計50万台にとどまり、中国のテレビ市場でのシェアは8位と低迷している。

(財新記者:屈慧、原文の配信は12月22日)

中国の独立系メディア「財新」の記事は東洋経済オンラインでも配信しています。