なかなか浮上できずにいる三菱重工。巨大組織の現場で働く社員は日頃どんなことを感じているのか。5人の現役・元社員に話を聞いた。(個別取材を基に座談会形式で構成)

「自分のことは“下名”と書く」

──他社にはない独特の文化はありますか?

A 入社して驚いたのは、社内向けメールの宛名には「○○主任殿」のように役職の後に「殿」を付けること。自分のことを「下名」と書く人も多いね。ルールとして明文化されているわけではないけど、周りがやっているから合わせているうちに慣れていった。

B 平の正社員は事務職あるいは技術職、略して「事技職」というくくりで入社するので、「事技」という言葉は全社で共通語になっている。

C ほかのメーカーもそうだと思うけど、あいさつの掛け声は「ご安全に」だね。メールの語尾を「〜したく」と書いたり、新入社員の歓迎会がやたら多くて豪華だったりしたなあ。

D うちの事業所では、2時間ごとに体操の音楽が流れて、みんな席から立ち上がって体操するよ。

E うちでは、業務開始時に体操をしていたよ。

──どんな志を持って入社しましたか?