オードリー・タン 自由への手紙(オードリー・タン 語り/クーリエ・ジャポン編集チーム 編/講談社/1400円+税/197ページ)書影をクリックするとAmazonのサイトにジャンプします。
[Profile] 唐 鳳 Audrey Tang 1981年、台湾・台北市生まれ。台湾デジタル担当政務委員(閣僚)。台湾のコロナ対応では、薬局など各販売店のマスク在庫がリアルタイムで確認できるアプリ「マスクマップ」を導入。自由な発想で台湾のデジタル化に尽力している。

新型コロナ禍でのマスク不足対策で大成功を収め、世界的な脚光を浴びたのが、ジェネレーションYと呼ばれる若い世代を代表する、台湾の「天才デジタル担当大臣」である。そんな39歳のオードリー・タンが、本当の自由とは何か、どうしたら手に入れることができるのかを、「本書を手にした日本のみなさんへ」と語りかけたのが本書だ。

オードリーが表象するものは、あらゆる既成概念からの逸脱である。プログラミングを独学し始めたのは、幼い頃のことだった。その後、学校に馴染(なじ)めず14歳で中学校を退学、19歳のときに米シリコンバレーで起業、アップルなどの顧問を歴任し、35歳という史上最年少の若さで蔡英文政権にデジタル担当大臣として入閣した。

24歳のときに、自身がトランスジェンダーである、すなわち生まれた時の性別が自身の性同一性と異なることを公表する。その後、旧名の「唐宗漢」から現在の「唐鳳」に改名し、英語名も「オードリー」とした。