みやじま・せいいち 1958年生まれ。81年野村不動産入社。2002年住宅カンパニー事業開発一部長、04年取締役などを経て15年4月より現職。(撮影:梅谷秀司)

──コロナ禍での販売状況は?

ふたを開けてみれば盛況だった。当社が首都圏で販売する物件の場合、2020年7月以降のモデルルーム来場者数と契約者数はいずれも前年同月を上回った。リモート営業も併用し、歩留まりは約2割まで上昇している。

戸建ても好調だ。騒音を気兼ねしなくていい、マンションよりも広さが欲しいというニーズの受け皿になった。中古住宅の仲介も伸びている。こんな状況は予想もしていなかった。

所得への悪影響があまり及んでいない業種の世帯が購入に動いており、実需中心の坪単価500万円台までは底堅い。富裕層向けの坪800万~900万円台は20年春の株価下落局面では動きが鈍ったが、その後の株価回復につれて客足が復調した。

──立地需要に変化は?