「管理を買え」といわれる中古マンション。コロナ禍で管理組合の役割はいっそう高まる(撮影:今井康一)

新築マンションが高嶺の花となる一方、割安感から中古マンションの人気が高まっている。ただ、一口に中古といっても、新築未入居から築浅、さらに築50年以上経過した物件までさまざま。中には売り出しを待つ客がいるほどの人気物件もある。

では、今社会的に求められているのはどんな中古マンションか。昨今のトレンドを解説していく。

マンションは働く場に

マンション業界においても、テレワークがキーワードになってきた。早くも1LDK+(プラス)W(WORK=仕事部屋)といった間取り表記も出現したほどだ。注目を浴びているのは、「サービスルーム」などといわれる空間だ。