「何げなく登録してみただけなのに。まさか貯金がすっからかんになってしまうなんて……」

東京都内のメーカーに勤める40代の田所健太さん(仮名)は緊急事態宣言が出た2020年4月から在宅勤務になり、家に閉じこもる生活が始まった。ある日、ネットサーフィンをしていると、男女の出会いの場を提供するマッチングサイトに行き当たる。

独身の田所さんは「いい人に出会えるかもしれない」と思い切って登録。プロフィールを入力すると、すぐさま女性からメッセージが来た。

「上海在住の20代でした。プロフィール写真はかなりの美人で、手の届かない人かなあと思っていたら、彼女のほうから『休日は何してる?』とか『今度、日本に行くから会いたい』と積極的に声をかけてきたのです」(田所さん)

「見放されたくない」

田所さんが女性に好感を持ち始めた頃、会話に変化が生じる。高級車の写真を送ってきて「最近、この車を買ったのよ」と語り、こう続けた。「FX(外国為替証拠金取引)で1億円稼いだの。あなたもやってみない?」。

それまでの田所さんは、投資とは無縁の生活を送ってきた。戸惑いを見せると、彼女は「私の親族には中国共産党の幹部がいて、極秘に売買のタイミングを教えてくれるの。絶対に勝てるから大丈夫」と太鼓判を押した。