イラスト:さとうただし

「投資を始めてからこれまで全戦全勝です」。そう自信をのぞかせるのは、首都圏を中心に不動産投資をする40代の投資家だ。

この投資家が投資の世界に足を踏み入れたのは今から6年前のこと。当時勤めていた会社を辞め、退職金の一部である400万円を元手に不動産投資をスタートさせた。現在の総資産は5億円を超え、富裕層の仲間入りを果たしている。

「始めた当初は投資の経験は皆無。もちろん不動産に関する知識もなかった」(投資家)。そのため、不動産投資のスクールに通うところから始め、そこで得た知識を基に投資を続けてきた。

全戦全勝の極意

下図を見ていただきたい。これは前出の投資家がこれまでに行った不動産投資と、総資産の推移をまとめたものだ。

最初に買ったのは、神奈川県にある400万円の中古区分マンション。そこで経験を蓄積しつつ、本格的に投資する物件を探した。そして銀行から融資を受け、都内のファミリー向けマンションを3500万円で2戸購入した。