一口に富裕層の儲け方といっても、その投資スタイルはさまざまだ。

「資金が多ければ、リスクを取らない低い利回りの運用でも、お金は殖える」(首都圏に土地を持つ80代の地主)という安定志向の人もいれば、「ユーチューブなどで日々新しい情報を仕入れて、儲かりそうな投資先を探している」(40代のベンチャー企業経営者)というアグレッシブな富裕層もいる。

投資スタイルが違うのは、それぞれの富裕層の年齢や資産規模などに応じて、求めるリターンが異なるからだ。

ここでは、富裕層を4つのタイプに分類した。それぞれのタイプが求めるリターンと、どんな資産に投資しているかについて紹介しよう。

理想の資産配分は

下の図は、富裕層に対し資産運用のアドバイスを行っている世古口俊介氏に聞いた、タイプ別のポートフォリオのイメージだ。

イラスト:さとうただし

安定志向が最も強いのは、「地主タイプ」だ。