2030年代半ばまでに自動車の電動化を義務づけることを日本政府が検討している。電気自動車(EV)だけでなく、ハイブリッド車(HV)も認める方向だという。だが、真剣に脱炭素を考えるなら、エンジンを使うHVは除外すべきだ。そのうえで電動化を進めるに当たっては乗用車よりもトラックを優先するのが合理的だ。

自動車輸送は日本全体の二酸化炭素(CO2)排出量の15.9%を占める。そのうち自家用乗用車が53.5%、貨物車(トラック)が42.5%とほぼ二分される(残りはバスなど)。台数ではトラックは乗用車の約4分の1だが、走行距離が長く車体が重いため、1台当たりのCO2排出量が多い。