(撮影:尾形文繁)

物言う株主(アクティビスト)として知られた村上世彰氏の流れをくむ村上系ファンド。彼らが大手・中堅ゼネコンの株式を次々と買い増していることが明らかになった。

大量保有報告書によると、村上系ファンドはシティインデックスイレブンスやオフィスサポートといった会社を通じて、中堅ゼネコン・大豊建設の株を22.52%(2020年11月25日時点、以下同)、準大手ゼネコン・西松建設の株を8.44%、海上土木に強い東亜建設工業の株を7.64%保有していることがわかっている。

ファンド関係者ヘの取材で判明したのは、大手ゼネコンの前田建設工業への出資だ。同社は20年、グループ会社の前田道路に敵対的株式公開買い付け(TOB)を仕掛け、前田道路を子会社化。村上系ファンドが前田建設株を1%程度保有しているという。「大豊建設株買い増しの状況をみると、村上ファンドの前田建設株保有比率もいずれ5%を超えてくるだろう」とみられている。

前田建設はコロナ禍でも業績が安定推移しており、21年3月期は増益を見込んでいる。ただ、PBR(株価純資産倍率)は0.75倍(12月16日時点)と割安で、村上系ファンドが前田建設株を買い増すことは十分に考えられる。

村上系ファンドは前田道路株も100株程度保有し、前田建設グループの上場会社・東洋建設も、村上系とみられる「ATRA」が同社株を1.76%保有。東急系の中堅ゼネコン、東急建設にも出資している。東急建設が11月10日に提出した四半期報告書には、シティインデックスイレブンスが2.9%を保有する大株主として記載された。