持ち株会社NTTの澤田純社長(写真上)から「ドコモを強くしてこい」と言われ、12月から陣頭指揮を執る井伊基之社長(下)。就任早々、社内で檄を飛ばす(撮影:尾形文繁、大澤誠)

12月25日、NTTドコモが20年余りの上場企業としての幕を下ろす。

9月29日の会見でドコモ完全子会社化を発表した持ち株会社NTTの澤田純社長は、「携帯キャリアの収益で3番手になったドコモを強くしなければいけない」と強調。このままではライバルからどんどん後れをとるという危機感から、4.3兆円を投じるTOB(株式公開買い付け)に踏み切ったのだ。

上場廃止を待たずして12月1日から新社長に就いた井伊基之氏は、持ち株会社でドコモ立て直しの戦略策定にかかわっていた人物だ。ある現役社員は「(前社長の)吉澤さんは“スマート”だったが、井伊さんは“ゴリゴリ”。澤田さんと同様に『業界3番手』を連呼し、今のドコモは全然ダメだ!とはっぱをかけている」と打ち明ける。要は、穏和な前社長、体育会系の新社長ということだろう。