スイスの名門寄宿学校の学費は年間1000万円前後かかる(写真:スイス・ラーニング日本事務局)

月曜は英語、火曜も英語、水曜は英語とサッカーとピアノ、木曜は英語、金曜はプログラミング教室……。

これは都内の私立校に通うある小学1年生の1週間だ。父親は、上場企業で役員を務めている男性。資産規模は、自社株も含めて50億円余りだ。

「英語ができなくて自分が苦労したので、子どもには小さな頃から習わせたかった。だから週に4回通わせている。そのかいあって、簡単な日常会話は英語でできるようになった」

この役員は、もともとこの企業の財務に関する相談に乗っていた公認会計士。創業者に誘われてメンバーに加わった。その後、会社が上場したことで、富裕層になった人物だ。

ただ、巨額の財産を手にしても、生活はそれまでとあまり変わらなかったという。

「もともと物欲がないこともあって、クルーザーだとか、プライベートジェットだとかいった物には何の興味もなかった。目立ったぜいたくといえば自宅を建てたくらいかな」(役員)