イラスト:さとうただし

東京・六本木にひっそりとした会員制のバーがある。このバーにひそかに集まっているのは、自ら事業を立ち上げ、株式の新規公開(IPO)にまでこぎ着けた“IPO長者”たちだ。

彼らが時折集うのは、後輩起業家たちが立ち上げたスタートアップ企業の情報を交換するためだ。IPO長者たちはこうしたつながりの中で得た情報を基に、スタートアップなどの未上場企業に投資をしているのだ。

富裕層が未上場企業に資金を投じる背景には、「今後10年を考えると、上場株式や債券への投資だけでは、今までのような高いリターンを期待できない」(野村証券の和田一登・商品企画部投信企画課長)という事情がある。

未上場企業への投資は究極のハイリスク・ハイリターン投資だ。というのも、ベンチャー企業への出資では「10社投資しても、そのうち1社のビジネスが成功するかどうか」といわれているからだ。

事業が失敗して投資先が倒産すれば、投じた資金がまったく戻ってこないおそれもあり、上場企業や債券への投資とは比較にならないほどリスクが高い。

株式の上場にこぎ着けられる企業はほんの一握り(PIXTA)

一方で、得られるリターンもリスク相応に高い。近年では、時価総額7000億円超えを達成したメルカリを筆頭に、IT系企業の大型IPOが相次ぐ。投資した未上場企業が株式市場に上場したり、企業に買収されたりすれば、たちまち投資額の10倍以上のリターンを得られる。