2020年の株式市場は本欄などで筆者が予想してきたように強気の展開となった。では、21年はどうなるのか。ブル(強気相場)とベア(弱気相場)、双方の理屈をみたうえで、筆者がどちら寄りなのかを明らかにしよう。

ブル側を支えるのは20年と同じで、大規模な金融・財政政策を受けて楽観論が強まる筋書きだ。強気相場は一定期間続いたら、必ず寿命を迎えるものでもない。各国の政策担当者からも金融・財政政策の拡大を示唆する発言が相次いでいる。その代表が米国だ。

バイデン次期政権によって米国が国際協調路線に復帰すれば、市場にさらなる追い風となる可能性もある。というのは、コロナ禍からの経済復興を確実にするためには「何でもやる」という流れが主要国政府の間で強まる展開が考えられるからだ。気候変動対策でも国際協力の進展が期待できる。コロナ禍は対策の前進を妨げるどころか、危機感を新たにする契機となったようにみえる。