[写真]富士通と理化学研究所が開発したスーパーコンピューター「富岳」(右)と、米グーグルが開発した量子コンピューター(左)(©RIKEN)

2020年、富士通と理化学研究所が共同開発したスーパーコンピューター「富岳」が、計算能力で世界トップに立ったことが話題になった。新型コロナウイルス対策のための、富岳による飛沫のシミュレーションの映像を見た人も多いだろう。どんな分野でも世界一は喜ばしいことだ。研究機関にとって広報効果は大きい。

だが、あなたがビジネスや政府組織のリーダーならば、一度立ち止まって考える必要がある。数百年先を見るサイエンスではなく、数十年先を見るテクノロジーの世界では、「世界一」にどの分野でも五輪の金メダルのような価値があるわけではない。各分野の潜在的な市場の大きさに左右される。

必要なのは、その市場は本当に開発競争が激しい分野なのかという視点だ。米アマゾンは研究開発費を年間4兆円以上使っているといわれる(日本最大はトヨタ自動車の約1兆円)。アマゾンはスパコンの開発で上位にいない。極端にいえば、スマートフォンの普及が拡大しているときに、過剰品質の「ガラパゴスケータイ」を開発していることに近い。

競争の参加者に着目することが重要だ。例えば「VR(仮想現実)」の研究開発には米フェイスブックが初期から大規模に取り組むが、米グーグルは規模をかなり絞っている。アマゾンは未参入だ。これはドローンなど、目新しくも収益化が見えない分野も同様だ。

もう1つ必要な視点は、その技術で収益化ができるビジネスはあるかということだ。ビジネスモデルははっきりしなくともユーザー数さえ増えれば、B2C(消費者向けビジネス)であるなら広告などで収益化できる。しかし、スパコンはB2B(法人向けビジネス)だ。利用場面を綿密に想定しなければならない。