なかぞら・まな 1991年慶応義塾大学経済学部卒業、野村総合研究所に入社。97年野村アセットマネジメントでクレジットアナリストに。社債や国債を分析。モルガン・スタンレー証券、JPモルガン証券を経て、2008年10月からBNPパリバ証券クレジット調査部長。11年から現職。(撮影:尾形文繁)

クレジット市場はこれまで実に堅調に推移してきた。国債などに対する上乗せスプレッドが抑制される状況にあり、安定してきたということである。なぜか。

理由は3つある。

第1に、金融政策と財政政策が盤石に配備されてきたことである。両政策に支えられて、金融資産市場が安定してきたわけだが、とりわけ、社債購入プログラムによるセーフティーネットが社債市場そのものを下支えしてきたこと、がある。

第2に、発行体から見て金利先高感がない状況の中、債券発行ニーズが抑制されていること、である。金融緩和で資金が供給されている割には発行量が限定的となっているため、社債市場では需給が改善している。