作業服とホームセンターというまったく異なる分野でそれぞれ業界首位の座に立つワークマンとカインズ。直近10年間で稼ぎ頭のカインズの売上高は1.3倍、ワークマンは2.5倍に拡大した。グループの成長をリードする”きょうだい”だが、その経営手法は真逆と言っても過言ではない。

三井物産を経て創業者に呼ばれて2012年からワークマンに入った土屋哲雄専務(創業者の甥)によると、その違いは上の図の通りだ。具体的に両社の経営手法の違いをみていこう。