天気のいい日にJR東海道線で東京から小田原方面へ向かうと、大船を過ぎて藤沢辺りから車内に陽光が差し込むようになる。オレンジとグリーンに彩られた電車は、古い世代の人には「湘南電車」と呼ばれた。

相模湾のきらめきを受けながらのどかな雰囲気で茅ヶ崎を過ぎ、相模川を渡って平塚に入りさらに西に進むと、花水川という小さな川がある。この川の先、電車は高麗山(こまやま)の緑と大磯の海の間を走ってJR大磯駅に至る。ここまでの停車駅とは異なり、駅前ロータリーもない、ひなびた駅だ。

大磯町は神奈川県湘南エリアの平塚市と二宮町に挟まれた人口3万1000人の街だ。海沿いは、国道1号西湘バイパスと東海道線が東西を横切っている。街の南東部に大磯駅があり、大磯港や大磯海水浴場には駅から徒歩でアクセスできる。