米アマゾン ウェブ サービス(AWS)が発表した工場向けIoTサービスで提供されるセンサー

米アマゾンのクラウド子会社、アマゾン ウェブ サービス(AWS)は12月1日、主に製造業の設備故障を事前に予測する自社製のセンサーと機械学習アルゴリズムをセットにしたIoT(モノのインターネット)サービス「アマゾン・モニトロン」を発表した。設備の予知保全をしたいがセンサーを持っていないという企業向けに提供する。

AWSはクラウドビジネスで世界トップを走る。その膨大な処理能力をAI(人工知能)にも生かしてきた。従量課金のため導入のハードルが低く、AIの実証実験では多用されている。

「はやっているらしいから、とりあえずAIのプロジェクトを進めて」と社長がIT部門に丸投げするのはよくある光景だ。IT部門がAIのノウハウを持っていないため、AIの開発ができると主張するベンチャー企業にさらに丸投げする。ただしベンチャーにノウハウがなくとも、発注側がそれを見抜くことはできず、失敗に終わることが多かった。

さらに製造業ではセンサーを用いたプロジェクトが多く、どのセンサーを使えばいいかなど、考えるべき点は増える。

そうしたセンサーの供給からAIによるデータ分析まで、すべての工程をAWSは自らのプラットフォームの中でそろえようとしている。今回発表されたモニトロンは、ノウハウのない製造業がすぐに使えるソリューションだ。AWSには分析の知見がたまり、規模の経済が働く。工場でのIoT活用を商機とみていた大企業やベンチャーには打撃となるだろう。