(撮影:今井康一)

2005年に山之内製薬と藤沢薬品工業が合併し誕生したアステラス製薬。かつては製薬再編の「優等生」とみられてきたアステラスだが、この数年は停滞感が漂っている。

20年度第2四半期も営業利益は前年同期比46%減の869億円。英アストラゼネカが製造元のぜんそく薬「シムビコート」の販売提携が終了したことや、消炎鎮痛剤「セレコックス」の特許が切れ、後発品が登場したことなどが響いた。

当分は大看板の前立腺がん治療薬「イクスタンジ」が収益を支える。イクスタンジは今年度の売上高が4600億円超と前年度から約2割伸びる見込みだ。ただしイクスタンジは26年には北米の特許が切れる。これに代わる「次の柱」の育成が急務となっているが、その道筋はまだ見えない。