習近平主席とバイデン氏はナンバー2だった時代に関係を構築。写真は2013年2月の習氏訪米中に(AP/アフロ)

11月25日、習近平国家主席が米大統領選挙に勝利したバイデン氏に対して祝電を送った。バイデン氏が11月8日(日本時間)に勝利宣言を行ってから17日経って、ようやく祝辞を述べたのである。17日間を要したのは、大統領選挙の結果を見極められなかったという側面もあるが、祝電の内容を検討していたとも考えられる。

習主席が祝電を送ったことは、中国指導部がバイデン氏率いる米国に対するアプローチを決定したことを示唆している。そうだとすれば、習主席の祝電の内容が米国に対するアプローチを示していることになる。

その祝電は、「米中双方は非衝突・非対抗、相互尊重、協力ウィンウィンの精神を堅持し、協力に焦点を合わせ、差異や対立を管理し、米中関係の健全で安定した発展を推進し、各国および国際社会と手を携えて世界平和と発展という崇高な事業を推進することを望む」と述べている。