「ストロング系を(ネット通販の)アマゾンで箱買いして、1日で半分、12本くらい飲んじゃったり。45Lのゴミ袋は1週間で一杯になる。缶がぎっしり詰まった袋は見苦しいので、人目につかない時間を選び、こっそりゴミ置き場に捨てていた」

50代というその女性が語る身の上話は、物静かな雰囲気とのギャップに驚かされる内容だった。

DV(ドメスティックバイオレンス)が原因で別れた元夫はアルコール依存症だった。「自分はお酒に強いので一度も酔ったことがなかった。アルコール依存の夫を『怠け者だ』とすごく軽蔑していた」。

そんな彼女の酒の飲み方が変化したきっかけは、仕事の多忙さに加え、息子が友人関係でトラブルに巻き込まれたことだった。ストレスから逃れようと、酒量が増え始めた。

依存症の人々が語る危うい魅力

「家で一人になると、たちまち悩み事で頭がいっぱいになる。思考を鈍らせたい、嫌なことを薄めたい。でも酒に強いから、すぐに酔えない」

「ビールはお腹いっぱいになる。焼酎やウイスキーは苦手だし、自分で割るのも面倒。そんなときに安くて甘く、コンビニで買ってすぐに飲めるストロング系はちょうどよかった。酔って何もわからなくなって寝られるように飲んだ」

その後、鬱病の治療でかかった病院で、自身がアルコール依存症であると知った。現在は断酒して5年以上が経つ。

市場が拡大する一方、「影」の部分も指摘されるストロング系(撮影:尾形文繁)

アルコール依存症の治療の基本は断酒となる。そのため「断酒会」と呼ばれる自助グループなどで、自らの酒に関する体験を他人と共有することが心の支えになる。断酒会に参加していた高齢男性に話を聞くと、10年近く断酒し続けている余裕からか軽口をたたいてみせた。

「ストロング系のある社会で暮らすアルコール依存症の患者は気の毒だ。ストロング系は『破滅する』速度を速めているのだから」