グーグルが公開したデジタル銀行口座の画面。日々の収支や貯金の進捗などが一目でわかる

米国で「グーグル銀行」や「アマゾン銀行」「アップル銀行」が誕生する日も近そうだ。

11月18日、米グーグルは決済アプリ「グーグルペイ」をまず米国で大きく刷新することを発表した。複数の友人との割り勘や、店舗やネットでの支払い履歴の検索が簡単になる。提携企業の店舗での割引プログラムや、家計簿アプリに近い決済データの可視化機能も搭載される。

さらにグーグルマップの位置情報などを活用、駐車場の料金をスマホで直接支払えるようになるなど、ネット上でさまざまな手続きが完結する仕組みになっている。将来的なスマートシティーの実現を見越した動きでもあるだろう。

中でも最大の注目点は、ネット完結で口座開設が可能になることだ。グーグルは今回、シティバンクや地方銀行、信用組合など米国の11の金融機関と提携。これら提携機関を通して、あらゆる取引がモバイルで完結する「プレックス」と呼ばれる口座をグーグルペイ上に開設できる。

デジタル化が遅れている地銀は、グーグルの洗練されたアプリを活用することで顧客満足度を高められる。この機能は2021年に提供開始の予定だが、取り組みが好評でほかの地銀も加わっていけば、大きな金融プラットフォームに発展する可能性もある。