米国では民主党のバイデン氏が2021年1月の大統領就任に向けて準備を着々と進めている。彼にとって北朝鮮政策は優先順位が低い。それでも米国と同盟国である日本と韓国、そして対立を深めている中国が存在する東アジアにおいて、北朝鮮というアクターは無視できないはずだ。

北朝鮮は11月3日の米大統領選挙以降、公式メディアなどではこれに言及せず、沈黙を保っている。金正恩(キムジョンウン)・朝鮮労働党委員長は2度の首脳会談を行ったトランプ大統領の再選をどこかで望んでいたに違いない。

バイデン氏はオバマ政権での副大統領当時から今回の選挙戦に至るまで、何度か北朝鮮に向けて発言している。例えば「トランプ大統領が金正恩のような独裁者、暴君を抱きかかえている」(19年5月)と批判したこともあれば、「金正恩と会う用意はある」(20年5月)と述べたこともある。