米国政界の次の関心事は2022年の中間選挙。大統領にとって、法案や予算案を通すには多数派獲得が不可欠だ(ロイター/アフロ)

米国ではバイデン氏への政権移行の準備が進んでいるが、政界の関心は次の選挙に移っている。2022年の連邦議会の中間選挙こそが、バイデン政権の命運を決する天王山だ。

民主党のバイデン氏にとって、誤算は大統領選挙と同日に行われた連邦議会選挙だった。多くの公約の実現には議会での立法が必要だが、圧勝が予想された民主党は予想外に苦戦した。多数党奪回を目指した上院で伸び悩み、与野党が拮抗。多数派を死守した下院でも、よもやの議席減となった。

民主党が上院で多数派になれるかは、当選に必要な得票数に届く候補がいなかったために来年1月5日にジョージア州で行われる決選投票に持ち越された。ここで民主党が敗北すると、バイデン氏は1989年に就任した共和党のブッシュ(父)大統領以来の、両院で多数派を背景にしない新大統領となってしまう。民主党では、1885年就任のクリーブランド大統領までさかのぼらないと前例がない。