アクティビストは建設株の何に注目して投資しているのだろうか(撮影:今井康一)

モノ言う株主(アクティビスト)が建設株を次々に買い増しているが、どのような銘柄が狙われているのだろうか。村上世彰氏は著書『生涯投資家』の中で、銘柄選定の基準を次のように述べている。

「私はファンドで投資する銘柄を選ぶ際、時価総額に占める現預金(不動産、有価証券など換金可能な資産を含む)の割合、PBR、株主構成などを点数化してスクリーニングをする」

実際、アクティビストが出資している建設株の共通点は、株価が割安、現金など資産が豊富、そして外国人株主の割合が高いことだ。

そこで、アクティビストが目をつけそうな建設株をランキングした。まず、割安なPBR銘柄のランキングを見ていこう。