元号戦記 近代日本、改元の深層(野口武則 著/角川新書/900円+税/268ページ)書影をクリックするとAmazonのサイトにジャンプします。
[Profile] のぐち・たけのり 1976年埼玉県生まれ。毎日新聞政治部デスク。中央大学法学部卒業。2000年毎日新聞社に入社。小泉、野田、安倍政権で官邸の皇室問題を担当し、令和改元では7年半に及び元号取材に取り組んだ。改元の舞台裏を最も深く知る記者の一人。

元号が誰によって考案され、どのようにして決められるのかを知る人は多くない。「令和」の改元準備が約30年前の「平成」改元の頃からすでに始まっていたと聞けば驚くだろう。

本書の著者は、2011年から毎日新聞の政治部記者として7年半、元号取材に奔走した。最大の使命は、次の元号を他紙に先駆けてスクープすることだ。

とはいえ、元号取材は難しい。いつ元号が替わるかは想像がつかず、誰が考案し、どのような手続きで決めるかについての公式な情報もない。海図を持たずに、大海に放り出される状況に近い。