「10月の月収は約200万円でした」

藤﨑勝雄さん(32)は6年ほど前に、広告代理店に勤めながら副業を開始。今年4月にはフリーランスとして独立。コロナ下でも月収は順調に増えている。

副業で習得したスキルを本業でも生かすことができた藤﨑さん

「会社員が月3万円給料を増やすのは大変ですが、副業ならすぐできるのではと思い、始めました」

藤﨑さんの副業は、本業と同じWebマーケティング。クライアント企業から依頼を受け、グーグルなどの検索結果画面向けにネット広告を出稿したり、30代女性など特定のターゲットにネット広告を出したりする仕事だ。その広告をきっかけに購入や問い合わせが増えなければ、次の仕事はないかもしれないシビアな世界だ。

大学を卒業して広告代理店に入社。最初の数年は「スキルや経験を身に付けなくてはと思い、がむしゃらに働きました」。さまざまな案件を担当してノウハウを得た段階で副業を始めた。インターネット上で仕事の仲介をしているクラウドソーシングサービスの大手、ランサーズに登録した。

ただ、「2~3年は下積みだった」。報酬額の少ない案件を一生懸命こなした。始めて間もない頃、「実績も評価もないあなたに仕事を依頼して、当社にどんなメリットがあるのですか」といった厳しいコメントをもらった。とにかく実績や評価を積み上げなければ、と思い努力した。