2018年、19年ともドル円相場は1ドル=100円台後半〜110円台前半の狭いレンジで、安定していた。今年は、着実にドル安円高に進んで103円台をつけた。21年は久々に波乱の幕開けとなるかもしれない。

ドル円相場の今の動きは円主導ではなくドル安だ。ドルの名目実効レート(多通貨間でみた実力)は3月から直近まで9%を超す下落となっている。だから、円と同様にユーロも対ドルで3月から7月にかけて大きく上昇した。

主な要因はFRB(米連邦準備制度理事会)が新型コロナショックを理由に、3月下旬からゼロ金利に回帰し大規模な金融緩和を行っていることだ。期待インフレ率を考慮した米国の実質金利はすでにマイナス圏に入り、これが株高を演出している。19年にはほぼ1.5%を超えていた米国の長期金利は1%を下回っている。