コロナ禍で2021年3月期は大赤字に転落するエアライン大手のANAホールディングス(ANA)と日本航空(JAL)。JALは最大2700億円の最終赤字を見込むが、ANAはそれの倍近い5100億円の最終赤字見通しを出している。

もともと事業環境が激変するまで、規模に劣るJALのほうが利益は上だった。これは、JALが経営破綻後のリストラや不採算路線からの撤退、調達管理の強化などから採算性を高めたからだ。

攻めてきたANA、手堅くきたJALーー。コロナが発生する前まで、2社の違いはこう表現できる。