地銀再編に目をつけているのはSBIグループやゆうちょ銀行だけではない。新たなプレーヤーが参戦してきている。

現在、ファンド設立の認可取得を進めている「ありあけキャピタル」もその1つ。代表を務めるのはゴールドマン・サックス証券で金融セクターのアナリストを務めていた田中克典氏。投資調査部の最高責任者も務めた華々しい経歴の持ち主だ。

ターゲットとするのは、ビジネスモデルを模索している中堅の地方銀行だ。