日本コカ・コーラが販売する「檸檬堂」。その売れ行きに酒類メーカーも舌を巻く

「低アルコール飲料市場の並み居るブランドの中で、堂々のポジションを確立することができた」。11月13日、コカ・コーラ ボトラーズジャパンホールディングスの決算説明会で、日本コカ・コーラの和佐高志CMO(最高マーケティング責任者)は胸を張った。

同社が販売する缶チューハイ「檸檬(れもん)堂」が売れに売れている。出荷数量は2020年1~9月で約570万ケース(350ミリリットル換算)を突破。当初500万ケースとしていた年間の販売数量計画を800万ケースに引き上げた。新たな年間計画は、酒類業界で通例の250ミリリットル換算にすると1120万ケース規模となり、03年に発売されたキリンビールの缶チューハイ「本搾り」(19年で約1200万ケース)に迫る数字となる。

18年5月に九州限定で発売された檸檬堂は、19年10月から全国販売に切り替わった。好調な売れ行きを受けてのことだったが、その勢いは止まらず20年1月には品薄となり、一時出荷停止するに至った。

「他社ながらおいしいと思う」「得意先でもよく売れていると話題に上る」。酒類メーカーの関係者からはそんな声が聞こえてくる。

トップブランドであるサントリースピリッツの「−196℃」やキリンビールの「氷結」などの年間4000万ケースには及ばないが、十分に目を引く実績といえる。何しろコカ・コーラが自社ブランドからアルコール飲料を販売するのは、世界でも初の試みだったからだ。檸檬堂の成功を踏まえ、米国のコカ・コーラも甘さを加えたアルコール度数4.7%の炭酸入り酒類を21年から米国内で発売すると発表した。