孫氏は「AI(人工知能)革命の本命中の本命は、上場会社の中にある」と言うが…

「AI革命を支援する投資会社なのに、上場会社は(投資の)対象外だなんて、誰が決めたんだと。私は、活躍する会社に投資していく」

ソフトバンクグループ(SBG)の孫正義会長兼社長は今、米国の大手IT企業を中心とした上場株への投資を急激に膨らませている。11月9日に開いた中間決算の会見で孫氏は、投資の背景を冒頭のように説明した。「まだテスト段階」とは言うものの、上場株に投じた資金は2兆円を超す。

8月に発表した上場株の投資運用子会社は、SBGが67%、孫氏が33%を出資。ファンドは、アラブ首長国連邦のアブダビを拠点として運営されている。9月末時点でアマゾンやフェイスブック、アルファベット(グーグルの親会社)など約1.8兆円の現物株と約4000億円のコール・オプション(あらかじめ決められた価格で株を購入する権利)を保有している。

今回の決算でSBGは、これまで非開示としていた投資運用子会社の体制を初めて明らかにした。

運用子会社の社名は「SBノーススター」。そして運用実務を担うのが「SBマネジメント」だ。この会社のCEO、つまり上場株投資の責任者を務めるのが、アクシェイ・ナヘタという人物である。同氏はインド・ムンバイ出身の39歳。孫氏(63)は自身より20歳以上も若い人材を抜擢した。投資委員会はナヘタ氏と孫氏、SBGの古参幹部であるロナルド・フィッシャー副会長(73)の3人で構成される。