5大商社の一角を成す三井物産だが、最終利益では3番手だ。2020年3月期の純利益は、三菱商事と僅差で2位だった伊藤忠商事より1000億円以上も低い3915億円だった。石油・ガス事業の複数のプロジェクトで計上した475億円の減損が響いた。

三井物産の利益構成を見ると、金属資源、エネルギーの資源関連事業で過半を稼ぎ出している。資源では鉄鉱石や原油、LNG(液化天然ガス)などが主力で、「資源商社」とも称される。近年はとくに、石炭に比べて二酸化炭素排出量の少ないLNGなど天然ガス関連事業に注力している。ただ、資源価格は市況に左右されるため、この事業の割合が高い三井物産の利益は変動が大きい。