住友商事にとって、前2020年3月期に最も足を引っ張ったのは金属事業だった。北米鋼管事業の減損が大きく、金属事業は500億円もの大赤字を強いられた。

収益が悪化した金属事業に加えて、同社にとってもう1つの大きな課題が資源事業だ。アフリカのマダガスカルで行っているニッケル生産のプロジェクト「アンバトビー」である。

12年に生産を開始したものの、設備トラブルなどで稼働率が上がらず、赤字が続いた。ようやく稼働率向上への道筋が見えてきたところで、新型コロナウイルスの感染拡大があったことから、プラントの操業停止を余儀なくされた。