「業績低迷を真摯に受け止め、緊張感のある経営を実行していきたい」。5大商社(伊藤忠商事、三菱商事、三井物産、住友商事、丸紅)の筆頭格、三菱商事の垣内威彦社長は11月5日の電話会議で、今2021年3月期の決算内容についてこう語った。

同社の上期(20年4〜9月期)純利益は前年同期比64%減の866億円と、苦しい結果となった。通期純利益は2000億円(前期比62%減)と、当初計画を据え置いている。大きな回復は当面望めなさそうだ。新型コロナウイルスの影響で自動車関連事業が足を引っ張り、原料炭など資源事業も市況低迷の逆風を受けた。

住友商事も厳しい。アフリカ・マダガスカルのニッケル生産プロジェクトがコロナ禍で操業を停止。それに伴う大型減損などで、今21年3月期は過去最大の1500億円もの最終赤字になる見通し。三井物産も資源価格低迷が響き、今21年3月期純利益は前期比54%減の1800億円を計画する。

一方、伊藤忠商事は今21年3月期上期(20年4〜9月期)の純利益が2525億円と、前年同期比12%減ながら、上半期としては過去3番目の好業績だった。エネルギー・化学品部門など幅広い事業が健闘した。通期も純利益4000億円(前期比20%減)を計画する。丸紅は食料や金属事業が好調なため、11月4日に今21年3月期の通期純利益計画を従来の1000億円から1500億円に引き上げた(前期は1974億円の赤字)。