同一地域の地銀が合併したきらぼし銀行。その分、統合効果も大きい

「本格的に効果が出るには時間がかかる。それまでは苦労することばかりだったよ」

ある地方銀行の幹部はそう振り返る。

この地銀は、隣接する地域で経営不振にあえいでいた地銀を合併によって経営統合。かつてのライバルを内部に取り込んだ。

当時、経営企画部にいたこの幹部の元には、システム統合や店舗統廃合など、次々に難題が舞い込んできたという。

最も効率がいいのは、システムを早期に統合し、店舗も極力減らすこと。しかし、地域から逃げられない地銀である以上、顧客に迷惑はかけられない。

これから一緒に働く元ライバル行員の目も気になる。最適解を求めて、頭を悩ませる日々が続いた。

中でも苦しかったのは、余剰人員の整理だ。