(撮影:今井康一)

SBIグループが有価証券運用でも地銀への営業攻勢を強めている。10月末の決算説明会では、島根銀行から受託している642億円相当の運用について、「従来マイナスだった実質利回りがプラスに転じた」と発表し、運用成績のよさを強調。同社の幹部は、「金融庁への説明のために、地域金融機関に同行することもある」と胸を張る。

実際、地域金融機関の有価証券運用を肩代わりするSBI地方創生アセットマネジメントの預かり資産残高は急伸している。