千葉銀行が展開するグループを選んだ群馬銀行

関東|ついに動いた群馬、横浜は首都圏連合へ

11月9日、群馬銀行が地方銀行連合「TSUBASAアライアンス」に参加するというニュースに触れたある地銀幹部はこうつぶやいた。

「先日、菅(義偉)首相の発言について群馬銀行の幹部と雑談した際、歯切れが悪かったのはこれが理由だったのかぁ」

TSUBASAアライアンスとは、2015年に千葉銀行が主導する形で第四銀行(新潟県)、中国銀行(岡山県)の3行で発足した地銀グループ。基幹システムの共同化や、さまざまな業務連携を行うといった緩やかな連携で、10行が参加している。

11行目となる群馬銀行は、マネーロンダリング対策の共同化や、M&Aの情報交換プラットフォームへの参加も視野に入れる。さらに、22年に更新時期を迎える基幹システムについても、共同化を進める方向で検討する方針を明らかにした。

地銀幹部が冒頭のように語るのには、理由があった。ここ数年、関東地方では地銀再編が相次いでいるのだ。

東京都民銀行と八千代銀行、新銀行東京(すべて東京都)の3行が合流して東京きらぼしフィナンシャルグループ(FG)が誕生したほか、横浜銀行と東日本銀行(東京都)が統合してコンコルディア・FGが、そして常陽銀行(茨城県)と足利ホールディングス(栃木県)が統合してめぶきFGが発足した。