「当社の資金繰りが一時的に困難になっているのは確かだ。社債を期限どおりに償還するのは難しく、問題解決に向け努力している」

10月23日の正午ごろ、華晨汽車集団の担当者は財新記者の問い合わせにそう答えた。そしてこの日の深夜24時、額面10億元(約157億円)の同社の社債「17華汽05」はあえなくデフォルトした。

華晨汽車は中国の遼寧省政府直属の自動車メーカーで、遼寧省国有資産監督管理委員会が発行済み株式の80%、遼寧省社会保障基金会が同20%を保有する。総資産1900億元(約2兆9790億円)を超える大型国有企業の社債がデフォルトするのは異例だ。

財新記者の取材によれば、華晨汽車は今年8月から資金繰りが苦しくなり、遼寧省国有資産監督管理委員会の主導するチームが経営を実質的に引き継いだ。このため、多くの債権者は同社の財務危機を知りつつも、政府の信用に期待してデフォルトは予想していなかった。

あるプライベートエクイティー・ファンドの担当者は、社債の償還期限前に自ら遼寧省に出張し、華晨汽車の状況について情報を集めた。その時点では、省政府の金融監督当局と地元金融機関が協議を重ね、社債の償還資金を地元銀行が融通することになっていたという。「だまされたという思いだ」と、この担当者は落胆を隠さなかった。

(財新記者:安麗敏、王娟娟、原文の配信は10月23日)

中国の独立系メディア「財新」の記事は東洋経済オンラインでも配信しています。
プラス会員(有料)にお申し込みいただくと
下記のサービスがご利用いただけます。
  • 『週刊東洋経済』の最新号を先読みできる
  • 1000冊以上の豊富なアーカイブを読める
  • 雑誌誌面のイメージでも記事を読める
  • 限定セミナーにご招待